MENU

【買ってはいけない】オーディオインターフェイスと相性の悪い機材まとめ【マイク、スピーカー、ケーブル】

YAMAHAをはじめとした配信特化のオーディオインターフェイスを導入する方が増えていますが、この記事ではオーディオインターフェイスを導入するなら使えない機材、相性の悪い機材について解説していきます。

逆に買うべき機材も説明しているので、オーディオインターフェイスの導入検討をしている方は読んでみてください。

目次

マイク関連

ソニーの定番マイク、ECM-PCV80Uは使えない

配信、初心者、マイクなどで調べると絶対出てくるソニーのECM-PCV80Uですが、この製品は特殊な電圧を必要とする専用設計なので、オーディオインターフェイスでは基本的に使用不可です。

既にこのマイクを持っている方は残念ですが、この記事後半でおすすめしてるコンデンサーマイクに切り替えるのがベターです。

SM58などのダイナミックマイク

楽器屋さんに「マイクを買いに来ました」と伝えたら「超定番マイクだからこれを買っておけば間違いない」と言われ、購入してしまうことの多いSHUREのSM58。

実はこのマイクはYoutube配信や実況向きではありません。なぜかを簡単に言うと、ダイナミックマイクは音を拾う範囲が非常に狭い(マイクから遠ざかるとすぐ音量が小さくなり安定しない)からです。

なぜ楽器屋さんはこのマイクをおすすめしてくるかというと、ライブハウスや音楽スタジオなどでは標準で導入されていることが多く、標準的ないい音で音声を録れるからです。

大音量で他の楽器が鳴ってる中、他の音を拾わずに、口をほぼ付けたような状態で歌うボーカルの音を正確に拾うマイクとしては非常に優秀で、楽器屋さんがおすすめするのも納得なのですが、普段使いや配信用となると口元に常にマイクを持ってくるようなこともなく、逆に他の音を必ず拾ってはいけないということもないので、出来ればコンデンサーマイクを導入しましょう。

ちなみに楽器屋さんでマイクを買うのであれば「配信やYoutubeの収録で使いたいのでオーディオインターフェイスに刺せるコンデンサーマイクが欲しいです」とはっきり伝えるのがベターです。(「配信で使います」とだけ伝えるとUSBマイクやステレオミニプラグのマイクをおすすめされてしまう可能性がある)

ステレオミニプラグの卓上マイク、ピンマイクなど

ステレオミニプラグ(いわゆる普通イヤホンとかに付いている3.5mmプラグ)を持ったマイクも通常はオーディオインターフェイスでは利用不可です。

そもそも3.5mmの端子を刺す場所が無い上に、仮に端子を変換プラグを購入して使っても、ステレオステレオミニプラグのマイクはXLRの太いケーブルと異なりノイズが乗りやすいので「いい音質」を求めて導入するには矛盾しています。

一応YAMAHAのAG03にはヘッドセット用のステレオミニプラグのマイク入力端子が備わっているので、使用は可能です。

USBマイクは全て使用不可

オーディオインターフェイスとマイクの接続は基本的にはXLRケーブルを用いるので、コンデンサーマイクであってもUSBマイクは使えないので注意が必要です。

オーディオテクニカの名機「AT2020」やマランツプロの「MPM1000」などのエントリーモデルは型式違いでUSB接続タイプの「AT2020USB+」や「MPM1000U」というのが存在するので購入する際は気を付けましょう。

買うならXLR端子を持ったコンデンサーマイク(48V対応品)

ここまで買ってはいけないマイクを書いてきましたが、逆に買うべきマイクの答えは決まっていて、下記3つの条件が当てはまっていればOKです。

  • 単一指向性のコンデンサーマイク
  • XLRケーブル(キャノンケーブル)で接続するタイプ
  • 48Vファンタム電源を使用するタイプ(ほとんどのオーディオインターフェイスが対応)

単一指向性というのは「1方向からの音を拾う」という意味です、全周囲の音を拾う全指向性、前後の音を拾う双指向性というマイクもありますが他の雑音を(エアコンや車の音)広いやすくなってしまうので特別な理由が無ければ単一指向性のマイクを選ぶようにしましょう。

48Vファンタム電源というのはコンデンサーマイクに必要な電源のことですが、ほとんどのオーディオインターフェイスが対応しているのであまり気にしなくても大丈夫です。

オーディオインターフェイスにおすすめのマイク

AT2020
(オーディオテクニカ)

MPM-1000
(マランツプロ)

C-1
(ベリンガー)

具体的におすすめなマイクとしてはエントリーモデルであれば上記3つがおすすめです。

定番のAT2020が1万円ちょっとで、他の2つのマイクは6000円前後で導入出来ます。全てXLR端子で接続出来て単一指向性、なおかつ48V電源を使用するタイプです。

マイクについてはこちらの記事でおすすめやマイクアームやケーブルを含めてがっつり書いてます。

スピーカー関連

使用可能なものはモニタースピーカーと覚えよう

オーディオインターフェイスで使うスピーカーは通常の音楽を聴くためのスピーカーとは少し趣旨が異なり、録音している音、聞こえてくる音声を忠実に伝えるモニタリング用である、と捉えましょう、もちろん通常のリスニング用途でも抜群に音がいいので、リスニング環境も同時に向上します。

USBスピーカー、ステレオミニプラグのスピーカーはNG

パソコン用スピーカーとして便利なUSBスピーカーはオーディオインターフェイスを通せないので既に持っている方は勿体ないですが買い替えを検討しましょう。

ステレオミニプラグの3.5mmプラグを搭載しているスピーカーも変換端子を使えば利用できなくもないですが、モニタースピーカーに買い替えた方が無難です。

オーディオインターフェイスにおすすめのスピーカー(モニタースピーカー)

PM0.3H
(FOSTEX)

VL-S3
(TASCAM)

CR3-X
(MACKIE)

上記3モデルであれば1万円前後で初めて導入するには十分な音質が得られます、多分最初に導入したとき音が綺麗にフラットに揃っている感じは感動すると思います。

スピーカーについては他の記事でおすすめをまとめてます。

[内部リンク:おすすめスピーカーまとめ]

ケーブルは機材に合ったものを選ぼう

ここまでのオーディオインターフェイスと相性の悪い機材を避けて、専門の機材を買えば自然とそれに合ったケーブルが付いてくるのですが、中古購入や付属品としてついていなかったりで自分で揃える必要があれば以下は注意しましょう。

コンデンサーマイクをXLR-フォンのケーブルで繋げるのはNG

コンデンサーマイクを買ったけど音が出ない!というエラーの典型例としてマイク側をXLRで繋げて、もう片側がフォン端子で接続してる場合が多いです。この場合マイクに48V電源が通電しないのでコンデンサーマイクが通電せず、音が入りません。必ず両側XLR端子のケーブル(オス-メス)を買うようにしましょう。

端子が合わないからといって変換プラグ使って接続するのは基本的にはNG

持っているスピーカーやマイクをオーディオインターフェイス側の端子に合うように変換プラグを使って無理矢理刺すのはやめておいた方が無難です。

それぞれの機材の規格に最適なケーブルが選択されている

各機材ごとにノイズを押さえる設計や出力や抵抗などを加味してケーブルが選択されているので、基本的には変換プラグで無理矢理機材を繋げることはノイズが乗ったり、音質が劣化したり、音声が乗らなかったりする原因になります。

イヤホンのミニプラグを6.3mmのフォン端子に変換するのはOK

イヤホンの端子が3.5mmプラグなのをオーディオインターフェイス側に合わせて6.5mm端子に変換するのは、元々の6.5mmだった規格を3.5mmに小型化のために落とし込んでいるので、オーディオインターフェイス側のヘッドホン端子に合わせて変換するのは比較的相性が良いので特に問題ありません。

接点が1つ増えるのでノイズの原因にはなりますが、耳で明らかに変わるほどの音質の変化は無いので大丈夫です。

オーディオインターフェイスのコンセプトに合った機材を選ぼう

通常のPC向けやスマホ向けの機材とオーディオインターフェイス向けの機材が似ているようで違うということを説明してきました。

既に導入しているスピーカーやマイクを使いたい気持ちは凄くよく分かるのですが、相性の悪い機材を無理矢理変換プラグを使って接続してもせっかく導入したオーディオインターフェイスのスペックを無駄にしてしまうので、オーディオインターフェイスに合った正しい機材を選択しましょう。

オーディオインターフェイスの導入については下記にまとめています。

あわせて読みたい
配信、ゲーム実況するならオーディオインターフェイスを絶対に導入した方が良い理由
配信、ゲーム実況するならオーディオインターフェイスを絶対に導入した方が良い理由ゲーム実況を始めとした配信のためのプラットフォームはYoutubeをはじめ、かつてない勢いを見せています。始めようと思って調べてみると、最初にぶつかる壁が配信機材の...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる